不動産の売却査定について抑えるべき4つのこと

不動産を売却する際に、まず不動産会社に売却価格の査定を依頼することから始めるという方は多いでしょう。

ただ、不動産の売却を頻繁に行っているという方は少ないでしょうし、金額の大きな不動産の売却の査定には、注意すべきことがいくつかあります。

今回は、不動産の査定について知っておくべき4つのことをご紹介します。

査定依頼はタイプの異なる複数社に

不動産査定を通して、その地域で過去に類似の物件が、いくらの金額で取引されているかという相場感を知ることができます。査定には、インターネットによる「簡易査定」と、不動産会社の担当者の訪問による「訪問査定」があります。

簡易査定の場合、不動産会社によって査定基準が異なるので、数多くある簡易査定サイトから、無料かつ短時間で査定可能なサイトを行うのがよいです。

訪問査定の場合も同様に、複数の業者に査定の依頼をして、納得できる査定と説明を行ってくれた業者に仲介を依頼するようにしましょう。訪問査定は不動産会社の中から、売却の仲介先を選定することが多いので、仲介する不動産会社探しという意味もあります。

その不動産会社が適性価格で不動産を売ってくれる能力があるかどうかを一社の説明だけで判断するのは難しいので、複数の業者に査定の依頼をして、納得できる査定と説明を行ってくれた業者に仲介を依頼するようにしましょう。

また、不動産会社といっても、いくつかのタイプがあります。査定を依頼する場合は、そうしたタイプ毎に分けて依頼してみることを意識してみるとよいでしょう。

<大手不動産会社>
全国規模のネットワークなど充実しており、各地域に支店があるので広範囲に情報を拡散させることが可能です。例えば、転勤で都道府県をまたいだ引っ越しを考えている購入希望者がいた場合にも、アプローチすることが可能です。

<地域の不動産会社>
売却する不動産のある地域で、売却実績の多い不動産会社にも査定を依頼しておきましょう。地域の不動産会社は独自の伝手を持っていることも多く、不動産売却では、そうした伝手があることが大きな強みになります。

この他にも、独自物件を多く掲載している会社や、特定の分野の不動産売却に強い会社などの特徴的な不動産会社も候補に入れておくとよいでしょう。

査定額の背景までしっかり聞く

査定価格が高い不動産会社に売却の依頼をした方が、査定価格が低い会社に依頼するよりも不動産が高く売れると思っている方は少なくないのではないでしょうか。

ご存知の通り、マンションの売却価格は査定価格ではありません。査定価格が高い不動産会社に売却依頼をしても高く売れるわけではありません。

不動産の仲介業者は、仲介手数料収入を得ています。売れそうな物件の場合、売却査定額の見積もりとともに、売却の媒介契約を結びたいと強く営業をし、高い査定価格を出すことも少なくありません。

周辺の相場よりも高い査定額で仲介の依頼を勝ち取った仲介業者が、当初の希望売却価格で成約に至らないことから、販売価格の値下げを提案してくることが少なくありません。
査定額で選ぶのではなく、査定額算出の根拠、相場感、販売戦略まで聞くしましょう。
金額とその内容が妥当かどうかをよくみて、売却を依頼することが望ましいのです。

大手不動産会社がよいとは限らない

名前の通っている大手不動産会社に依頼するという方は少なくないと思います。ただし、大手だからといって希望通りの価格で、早く売ってくれるとは限りません。むしろ、売却時においては大手の方が不利になることもありえるのです。

売主が売却を依頼した不動産会社が、買い手側の手数料欲しさに、買い手の依頼を受けた他の不動産会社から、物件の照会や内見の依頼があっても、売主に伝えずに勝手に断って取次をしないこともあります。

手数料収入を最大化させるために、売主との仲介手数料だけでなく、他社を排除して、自社で買主を見つけ、両手取引にすることを優先し、売主の利益に反した行為をする会社もありますので、十分に注意して下さい。

なお、地方の場合は、その地域に根差した不動産会社の方が、販売力が高いことがよくあります。不動産の査定を依頼する際には、大手だけでなく、物件に近い地元密着型の不動産会社にも同時に依頼してみることをおすすめします。

信頼できる担当者を探す

不動産の売却の成功の鍵を握るのは、不動産会社に依頼するかとともに、実力のあり、信頼できる担当者が近くにいるかという点の方が大事です。実績のある不動産会社であれば、担当者も優秀な可能性が高いですし、もし仮に担当者の実力が不足していても、上司がカバーしてくれるかもしれません。

不動産の査定で見るべきところは、立地や間取り、物件状況や周辺の環境など多岐にわたります。査定ではそうした細かいところに加え、査定価格の根拠を説明できるかどうかを確認しましょう。上記の話以外にも税金など含めて売却プランの提案をしてくれるかどうか、確認をしましょう。

多くの不動産会社、担当者が存在しています。いざ、不動産を売却するという段階になってから、そのような人を探すのは大変ですので、前もってこの人だと思える担当者を何名か探しておくようにしましょう。

まとめ

  • 不動産売却時の査定依頼はタイプが異なる複数社に対して行い、それらを比較することで決める。
  • 査定額が高いから選ぶのではなく、どのような販売をするのか、査定額だけでなく、その内容をしっかり聞くことが大事。
  • 大手不動産会社だから良い条件で売却してくれるとは限らない。自分の物件の特徴を把握し、その特徴と地域にあった不動産会社を選ぶべき。
  • 不動産の売却がうまくいくかどうかは、良い不動産会社の良い担当者と出会えるかどうかで決まるので、普段から売却に関する情報を入れておくようにする。

 

Slider