不動産ジャパンとは?不動産ジャパンのサービス内容と利点

不動産投資においては、情報収集が命です。

投資用物件を買うときだけではなく、借主を募集するためにもその不動産を効果的に知ってもらう必要がありますし、売るときも同じです。

そのため、主な不動産情報サイトについては知っておく必要があります。ここでは、公益財団法人不動産流通推進センターが運営する不動産ジャパンを紹介します。

不動産ジャパンとは

不動産ジャパン(http://www.fudousan.or.jp/others/aboutus.html)は、公益財団法人不動産流通推進センターが運営する総合不動産情報サイトで、いわゆるポータルサイトというイメージでよいと思います。

不動産ジャパンが提供しているサービスは大きく分けて以下のとおりです。

不動産物件情報検索サービス

売物件、賃借人を募集している状態の「貸したい物件」が全国規模で登録されています。
不動産ジャパンは全国の不動産流通業者のほぼすべてが加入しており、サイト自体が今まで業界団体が個別に運営していた物件情報サイトを統合して、全ての業界団体サイトを検索できるようにするために構築されたものです。
そのため、これらの物件情報は、不動産ジャパンだけのものではなく、主要な不動産流通団体の運営している「ハトマークサイト」、「FRKインターネット会員物件情報」、「ゼネット」、「全住協ネット」の4つのサイトの情報が集められています。
もちろん上記の4つのサイトも現役で稼働していますが、不動産ジャパンの利点は例えばこれらのサイトの内のどれかに不動産業者が物件を登録すると、自動的に不動産ジャパンにも物件情報が公開されるというシステムになっていることです。
そのため不動産情報サイトとしては、アクセスできる情報の範囲はかなり多い方と言えます。

不動産会社検索サービス

エリアや路線等の条件を設定すれば不動産流通団体に加盟する全国の不動産会社や営業所を探すことができます。この情報には不動産会社の所在地・連絡先等も掲載されており、物件を担当している不動産会社やそのエリアに強いと思われる会社に簡単に連絡を取ることができるようになっています。

ノウハウ・事例・相場情報や取引動向

不動産は取引経験がない人にはなかなか難しいものですが、不動産ジャパンでは買う・借りる・売る・貸す等の各場面ごとに参考情報や基礎知識が紹介されています。
住まいのトラブル相談室というコンテンツでは、不動産取引において巻き込まれる可能性のあるトラブル事例及びその回避方法の解説がされています。
そのほかにも、住環境情報や相場・取引動向等の情報が掲載されており、実際に現地を見に行く前の大まかなイメージづくりにも役立ちます。

不動産ジャパンの利点

前段でもお話ししましたが、不動産ジャパンは不動産流通業界の情報をほぼ一元的に検索できるようにすることを目的として開設されたサイトです。
今までは、レインズと呼ばれる「不動産流通機構」が運営するサイトがありましたが、レインズに物件情報を登録できるのは売主から売却の依頼を受けた不動産会社(元付業者と言います)だけであること、レインズは売却物件中心で「貸したい」物件の登録が少なかったこと、レインズはあくまで業者用サイトなので、不動産業者ではない一般の人には見ることができないこと等のデメリットがありました。

不動産ジャパンはこの不動産業者専用サイトであったレインズの物件公開に等しい効果をもたらすもので、更に賃貸物件の情報も多く登録されているため、不動産情報のポータルサイトの中心としての役割を果たすことが期待されています。

ただ、レインズにも利点はないわけではないので、それはレインズの記事で説明します。

纏め

  • 不動産ジャパンが開設された目的は、業界団体が個別に運営していた物件情報サイトの統合
  • 売物件、貸物件等の物件情報だけではなく、不動産取引の知識等のノウハウ面や相場動向も収録
  • 不動産情報のポータルサイトとしての役割を果たすことが期待されている。

 

Slider