村田幸紀氏主宰 「不動産投資で経済的自由を手にする会」の参加者にインタビューしてみた。

どうも、当サイトのエンジニア兼インタビュアーの大地です。

今回は、村田幸紀氏主宰の「不動産投資で経済的自由を手にする会」に参加されたY氏へのインタビューに成功致しましたので、当サイトに情報をアップさせて頂きます。

当然ながら、守秘義務の関係で週末起業大家の会のノウハウに関わることの開示は控えさせて頂くとともに、Y氏の所感である点ご留意ください(本サイトで内容の確認は行っておりません)。

補足情報としてY氏のプロフィールとしては、既にメガ大家さんであり、投資実績も豊富な方です。

下記リンクが「不動産投資で経済的自由を手にする会」の公式HPになります。

 村田氏の会ってどんなところ? 主催者の評価は?

村田幸紀氏主宰の「不動産投資で経済的自由を手にする会」を、会員はみな「会(カイ)」と呼ぶ。

金融資産2,000万円保有をスタートの条件とし、地方の中古RCをフルローン(名目9割融資)で矢継ぎ早に購入し、富裕層への切符を手にしようというコンセプトである。

巷では、この手の投資手法をそのスピードの速さから「ロケット投資法」と称する。

参考:初公開!1年でCF1000万円を可能にする不動産投資ロケット戦略

まずは、このロケットを発射させ、年間キャッシュフロー1,000万円を突破するのが会員が目指す第一目標である。会はこのボーダー越えを「大気圏突破」となぞらえている。

この会の村田幸紀代表は、自ら不動産投資で苦境に立った経験を持つ苦労人。いまでは、もちろん自らも大気圏を突破した投資家であるが、その人柄の良さと的確なアドバイスからコンサルタントとしての実力は他を寄せ付けない。

特筆すべきは、村田氏を支えるヘッドトレーナー才津氏、チーフトレーナー法身氏の存在。会員に数億円の大型物件を惜しみなく紹介し、購入まで確実にアシストするコンサル力は、業界最強とも言えよう。

気になるお値段は?

村田幸紀氏の会の参加条件は98,000円のオーディオプログラムの購入が前提となる。

購入した上で、スタンダード会員は、月額25,000円を支払い、skype相談、物件診断等が限定つきで提供される。

さらに、スタンダード会員には、3~4か月おきに、完全個別サポートを受けられるアルティメット会員への道が開かれる。アルティメット会員は、189万円であり、1棟めを購入するまで、専属のトレーナーから個別のサポートが施される。

なお、この会から紹介された物件の購入が決まると、物件価格の1%を紹介料として会に支払う取り決めがある。

 

参加したメリットは何があったか?

アルティメット会員は高額であり、誰しも参加するのは甚だチャレンジングな印象があろう。しかし、この会のサポートは相当にしっかりしており、先行投資した数百万円は、購入した物件で軽くペイできてしまう。

もちろん、二つと同じ物件はないので、購入できる物件に当たりはずれはあろうが、条件次第では大型物件も購入できるチャンスがある。もし、一個人でこの手の物件を探すのであれば相応の時間を要するに、何より購入リスクも高い。

購入した物件は、当然のようにキャッシュを生み出すため、これを自己資金に加えて再投資が可能だ。アルティメット会員が早期に大気圏突破できる確率は非常に高いのである。自らの未来にチャレンジし、先行投資に踏み切れるか、決断できるかが、この会に参加する者の最初の関門なのかもしれない。

ちなみに、物件診断には独自の厳密な基準を設けてコンサルが行われる。スルガ銀行での購入を勧めたり、饒舌なトークで沈没物件を掴ませるようなことは一切ない。ただし、参加するからには、すべてをコンサルタントに任せるのではなく、自ら率先して購入予定物件の良し悪しを判断する貪欲さが必要である。

 

この会の悪いところは? (費用対効果が悪い/業者からのバックで生計をたてていそう/スルガを不必要に進めてくる/レベルが低い等)

①庶民には敷居が高い

まず、自己資金2000万円が前提といった時点で、ほとんどのサラリーマンは自らを対象外と位置付けてしまうだろう。スタンダード会員でも、月々25,000円の会費はコンサル経験ないサラリーマンには痛い出費かもしれない。

②継続的に出費が続く

スタンダード会員でも、初年度はオーディオプログラムの購入を含めれば、約43万円の出費となる。アルティメットでさらに189万円を支払えば軽く200万円を越える先行投資となる。さらに会の紹介物件であれば、購入諸経費に加え物件価格1億円あたり100万円の紹介料が必要となり、都度都度出費がかさむ。

③属性のいい会員が多い。

医者や外資系企業役員など、年収3000万円以上の会員も多く、そもそものステージの違いを感じてしまう。とはいえ、さまざまな属性の会員がいるため、参考になる話を聞くことはできる。また、こうした高属性の会員と懇親会等で同席することは、いろいろな意味で刺激になる。

④ロケット投資に特化している。

不動産投資には、区分マンション、築古木造、新築、店舗など、いくつかの手法、戦略があるが、会で推奨するのは、地方の鉄筋コンクリート(RC)中古物件が中心となる。このため、いくつかの手法を組み合わせた投資手法は自前で勉強していく必要がある。

 

ざっくりした在籍期間と退会理由は?

参加条件はアルティメットに2年ほど在籍してやめた。アルティメット会員は一棟購入したあとは、継続会員として毎月5万円でそれまで同様のサービスを受けることができる。さきのスタンダード会員の月会費25000円とあわせて、毎月75000円の出費となる。

ただし、一棟目購入までの個別コンサルが丁寧に続くわけではない。

数年して、自らも物件を探し購入できるようになると、アルティメットの卒業を考えるようになった。

 

どういう投資家なら入会を勧められるか? どのような投資家なら意味がないか?

まず不動産について学ぶ意欲にあふれていて、機動的に動ける人。

自己資金として2,000万円を用意でき、不動産投資に惜しみなく費やせる人。

秘匿性高い戦略も共有する場合があるので、会のルールを遵守できるマナーある人。

投資物件取得には必ず融資が必要となるので、サラリーマンであれば3年以上同じ職場での勤務経験があった方が良い。また、妻帯者であれば、妻の同意を得てから参加したほうが良い。

 

最後に一言

とにかく、この会はブレインが揃っている。また村田氏の人柄は立派。

コンサルタント(会ではトレーナーと呼ぶ)同士の事例学習や情報交換も盛んで、本気度が高い。コンサルタントの質も一定基準を満たしている。

物件の診断基準も厳しく、スタンダード会員で一年学習すれば、瞬時に物件の良し悪しを見定めることも容易となる。

不動産投資規模を拡大し、大気圏を突破したのちには、再生物件への取り組みなど第2ステージへのステップも用意されている。

ロケット投資のその先まで突き進んでみたい野心家には、是非オススメの会である。

ただし、自分でなんでもできるような投資家は、敢えてこの会に参加する必要もない。

“何かの会に参加してでも物件購入を急ぎたい”という方が、複数ある中から選ばれる際には、お勧めできる会という位置づけ。

村田氏は有料で下記のような情報も開示しており、村田氏のスタンスを会に参加される前に勉強してみて、判断材料の一つにすると良いだろう。

 

 

 

Slider

ABOUTこの記事をかいた人

大地

このサイトのエンジニア。サイト運営陣の中で唯一不動産投資をしていない。しかし最近このサイトの影響で不動産投資に興味が出てきており最近は不動産投資セミナーによく参加している。メガ大家さん達によくパシリにされているせいで金売買についてだけは無駄に詳しい。