【不動産投資】プロパンガスの業者変更で超怖い思いをした話

プロパンガス会社を変更するとタダでリフォームできる。

給湯器が新しくなるかもしれない。

もしかしたら浴室もリフォームできるかもしれない??

中古物件に投資を検討されている方ではこんな噂を聞いたことがあるかもしれません。

確かに事実です。

一部屋当たり10-20万円位はオーナー側の支出を削減できる可能性はあります。

ただし、うまい話ばかりではなく、リスクも存在することは皆様認識されてますか?

筆者の場合、全く認識しておらず、大ピンチに陥りました。

ここでは、プロパン会社変更による怖い話(本当に超怖かった)事例を紹介したいと思います。

皆様もお気を付けください。

次に怖い思いをするのは貴方かもしれませんよ?

 

 はじめに

 

耐用年数越えの中古物件を買った際に、非常に老朽化した給湯器を見て思いました。

 

「これはリフォームに結構費用が掛かりそうだ。30室もあるし、費用はばかにならないぞ。プロパンガスの変更によってリフォーム資金を浮かせよう・・・。

 

早速、各プロパン会社と面談し、どこまで施設リフォームしてくれるか交渉を開始しました。

 

交渉には1週間をかけて、一番有利な条件を出してくれる業者を探しました。

 

最終的には、給湯器及び浴室のリフォーム(実は貸与なのですが、これがのちのトラブルの元になります。)も負担してくれるA社に決め、契約をしました。

 

 A社との契約を無事終えA社の担当者と談笑していると、担当者は急に真顔になり、

「これから1週間大変だと思いますが、耐えてください。」というのです。

 

私はその意味するところが分からずにいると、担当者はプロパンガス業界の「1週間ルール」について、解説してくれました。

 

法令の規定

プロパンガスが準拠すべき法令があり規定は下記の通りです。

1週間ルール】

現在プロパンガスを供給している販売事業者は、消費者(アパートオーナー)から解約の申し出があった場合、正当な事由がない限り、原則として、1週間以内に供給設備を撤去することが法令で規定されています。

液化石油ガス法施行規制第16条第16号では、「消費者の要求があった場合には、液化石油ガス販売事業者はその所有する供給設備を遅滞なく撤去すること」とあり、正当な事由がある場合を除き、原則1週間以内に撤去することが通達に明記されています。

逆に言うと、解約の申し出を受けた業者は、1週間の期間内に、オーナーの心変わりをさせればよく、私が不動産を持っていた地域のようにプロパン業者激戦区では、この1週間を巡って熾烈な競争が繰り広げられるのです。 

A社からの申し出とB社への解約の通知

A社担当者からは、「先方が何を言ってきたとしても絶対会わないで下さい。本当にこのエリアは激戦区なので、現在のプロパン業者(B社)の攻撃は大変です。しかも30室(当方の物件は木造アパートにしては大型で30室の部屋がありました。)もあるのですから。」と重ね重ね釘を刺されましたが、のちに修羅場を迎えるまで深刻に受け止めてはいなかったのです。

 

現在のプロパン業者(B社)への、解約の申し出は916日午後1時と決まりました。

 

A社より、B社に解約の旨を通知する申出書とB社との解約交渉の担当者をA社と定めることを記載した委任状を2枚セットで送付します。

 

私が、ずっとA社担当者からB社の猛攻が大変ですよとくぎを刺されても楽観していたのは上記の委任状があるからで、委任状がある以上もめごとは業者間で完結するだろうと思っていたからです。

 

このような背景で、予定通り解約通知を出状しました。

 

これで一仕事を終えた気分の私は昼間にもかかわらずビールでも飲みに行きたい気分となりました。

 

ただ、ここからが苦難の始まりです。

後編に続きます。

プロパンガスの業者変更で超怖い思いをした話②

 

Slider