お医者さんこそ不動産投資をやるべき3つの理由

我々医者のほとんどは高校時代に勉強を沢山して、大学時代にも沢山勉強をして、社会常識を知らない人が多いと思われている。

私の場合は高校時代は部活をほとんどやっていたし、大学時代もテニスを朝から晩までほとんどやっていたが、多くの医者は学生時代の勉強だけでなく、その後に押し寄せる様々な難関を乗り越えていき、試練を受け、さらに勉強し、成長をする。

しかし、経済や金融、お金の動きに関してはどうだろうか?

一般的に我々は、医学の知識を勉強しているばかりに経済や金融、お金の動きに関しての勉強をあまりしていないというか、ほとんど皆無だ。

さらに経済的に通常のサラリーマンより給料がいいだけに、沢山の税金が取られ、そして手残りが少ないという事実にあまり気づいていないし、ましてや50代になってから借金をして開業医になる人たちもいる。

周りから先生、先生と呼ばれるため、現状に不満を覚えることもあまりなく、そのため、多少のリスクを背負って投資をしようという男のロマンを持つ人が少ない。

既に沢山の不動産投資に関する節税目的の電話営業がしつこくかけられており、ほとほと投資に関して、特に不動産に関しては嫌になっている。

などなど様々な要因がドクターの不動産投資を妨げているものと思われます。

但しっ、それではいけないのですっ!

理由1:変動が緩やかで、忙しくても対策が取りやすい。

FXなどは一日中レートチェックしている専業トレーダーならまだしも、我々医者が仕事中に、ずっとチェックすることなんかできません。

投資が失敗するタイミングは、価値の急騰、急落が起こった瞬間、急激な変化に対応しきれず、損をします。

不動産投資は、投資と言うより経営に近く、またそこまで価値が急騰、急減することはあまりないので、我々のような忙しい医者でも落ち着いて行うことができます。

理由2:銀行から融資がおりやすい

医者の皆さまは銀行からお金を借りたことはありますか?

給料が良いという事もあり、そんなものとは無縁と言う方もいらっしゃるかとおもいます。

実は本業が安定しているドクターというだけで、銀行側は低金利で沢山お金を貸してくれます。

看護師さんですら銀行目線で言うと非常に信頼が厚く、ローンを組むということにおいて有利と言われておりますがその看護師さんに実際の現場で指示を出している我々医師はさらなるアドバンテージが与えられています。

2016年2月からマイナス金利が導入されましたが、その好影響もあり、現在都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合・公庫などはこぞって我々医者のような高属性の方達をターゲットに不動産投資に対する融資を活発化させています。

高属性であるということで、しっかりと物件の評価が出れば、銀行は融資をしてくれるという形になっております。

その特権を活かして、bruは短期間で数億円の融資を銀行から引っ張ることに成功しました。

理由3:節税対策になる

我々のような高収入・高属性のドクターという立場で必ずやらなければならないこと。それは節税対策です。

不動産所得をマイナスにし、そのマイナスと他の所得と通算することにより節税ができます。

サラリーマンや事業をやっている人は、給与所得や事業所得があるので、このプラスの所得と不動産所得のマイナス所得を通算して全体の所得を減らすことにより、税金の還付を受けることができたりします。

もちろん、不動産所得のマイナスといっても本当に損をしているのではなく、普段の生活でもなるべく経費として落とせるものは落として帳簿上だけのマイナスということです。

医者は意外と何故か将来手元にお金が残っていない人をよく見ます。

自分自身容易に想像が出来ますが、やはりある程度高収入と言われている我々の職業の人々は、なぜか使ってしまうのです。

衣食住で言えば、エンゲル係数も高いでしょうし、お洋服なども高い、住んでいるところも多少セキュリティも良く、広いところに住みたがるでしょう。

なんてったって、医師の妻がセレブ妻気取りで、そういう形になるケースが多いのです。みんな勘違い。遊びに行く時も家族で少しばかりの高級ホテルに泊まってしまうでしょう。

不動産投資を行っていれば、あまり大きい声では言えませんが、一部物件を見学に行っていれば、あるいは現地調査をしていれば飲食費用の一部や旅行費用などは経費の一部になるかもしれませんね。

法人で経費に計上出来る所得補償に入っておけば、もしも自分が何かあった場合、ローンの残債分を一括返済する形にしておくか、あるいは毎月のローン返済分を補填する形にしていくかによって多少異なりますが、一棟ものの家賃収入がそのまま家族にとっての収入になるのです。

こんなおいしい話はありますでしょうか?いやないですね。さー、いつ不動産投資やるの?

今でしょ!

 

Slider

ABOUTこの記事をかいた人

ドクターbru

2016年4月から不動産投資を開始して、新築区分マンション1部屋、中古区分マンション6部屋、一棟マンション6つで計108部屋(2016年12月26日現在4部屋空き)保有している投資総額20億以上のメガ大家。不動産投資コンサルタントとして、セミナー講師もしています。