【不動産投資】大家さんが加入すべき火災保険と施設賠償責任保険とは?

今回は大家さんが加入すべき火災保険について説明します。結論から先にもうしあがえると、所謂“火災保険“と”損害賠償保険“というのがお勧めとなります。

一棟ものであっても基本的にはマイホームの火災保険と同じ

火災や自然災害は待ったなしで、最近は、予測外の災害も頻繁に発生しています。

生活の基盤であるマイホームはもちろんですが、大切な投資物件に不測の事態が生じたら、暮らしも事業も相当な影響を受けることになりかねません。

一挙に数千万円レベルの損害を被るリスクから資産をしっかりと守りぬくには、安全な資金計画とともに、適切な火災保険、および地震保険に加入しておくことが事業継続上とても重要になります。

とはいえ、大家さんが投資物件の火災保険を選ぶ場合でも、マイホームに掛ける火災保険と基本は同じです。

火災保険は火災だけでなく、竜巻や落雷、水害や土砂崩れなどの自然災害などもカバーする保険ですから、所有物件がある地域にどのような災害リスクがあるのかをハザードマップで確認し、火災保険や地震保険で必要な補償を確保するのが王道です。

ところが火災保険は一定の補償を束ねたパッケージ型が主流なので、人任せにしておくと必要性が薄い補償がセットされている一方で、必要な補償がセットされていないといったことも起きてしまいがちなので必ず専門家と確認をしましょう。

また、大家さんが契約するのは建物を対象にした火災保険ですが、門や塀、カーポートなども範囲となります。

一方で分譲マンションの場合、大家さんが掛けるべき火災保険は専有部分の建物部分、つまり戸室内の内装や設備の部分です。

共用部分についてはマンションの管理組合が掛けています。

マンション管理組合の地震保険の契約率は3割程と低めで、契約をしていないケースも少なくありません。

とはいえ、修繕積立金が十分でなく地震保険金も受け取れない状況でマンションが地震被害に遭うと、所有者の持ち出しが必要となったりして、修繕への合意形成が困難を極めるなどマンション特有の問題が発生するかもしれません。

施設賠償責任保険とは?

火災保険に加えて、「施設賠償責任保険」も契約しておくことを推奨いたしますが、まずは「施設賠償責任保険」が何かを説明します。

施設賠償責任保険とは所有している建物など大家さんが管理している対象に事故があったりして、人にけがを負わせたり人のモノを破損させたりした場合に、損害賠償金をカバーする保険です。

たとえば、物件にぶら下げている看板が風で飛び人に当たりケガをさせたとか、第三者の車に落ちて破損させたといったケースが該当します。

損害賠償の発生は大家さんにとって大きなリスクとなりますので、保険によるリスクヘッジは必須。保険料は数千円単位とそれほど大きな負担になりません。

最後に

如何でしたでしょうか?

火災保険と言っても、火災保険と施設賠償責任保険に分かれているのが通常ですので、この点を理解頂けたら幸いです。

 

Slider