【不動産投資】これが実体験。所有物件に空き巣が入った時のトラブル対処法

※2019年7月更新

アパートを所有していると、思いがけない事態に見舞われるものです。今回この記事では保有物件に空き巣が入ったトラブルとその一部始終の様子をご紹介します。

 

1. 経緯:管理会社からの一報への連絡

今年度に、東京都の23区内に新築アパートを購入。

少々治安の不安もありましたが、交通の利便も良く、有難いことに部屋もすぐに満室になりました。
順調な滑り出しでありましたが、満室になった数か月後、管理会社から驚きの連絡が入りました。

「101号室、昨夜窓ガラスが割られて空き巣に入られたようです。現在対応中です。」

との報告です。

しばらくは、管理会社も状況の把握が追い付かず、入居者対応に追われました。

そして2日後、全容が見えてきました。

 

2. 空き巣発生とその被害総額

夜の23:30頃、1階にお住まいの入居者様が3日程の出張を終え自宅に帰宅したところ窓ガラスのクレセント上付近を割られ侵入され、スペアキーがなくなっていることに気づいたそうです。すぐに警察と保険会社へ届け出てくれました。

その当日に警察が来てくれ、現場検証を実施。

警察の見解によると、道に面している窓ガラスを割って侵入したのではないか、この道は人通も少なく、割られた窓の前にある隣家のガレージシャッターが目隠しとなり犯人は侵入しやすかったのではないかとの推測でした。

被害総額40万円ほどで、カメラ関係などの物品が中心でした。

入居者様には恐怖とご迷惑をお掛けして本当に申し訳ない気持ちでしたが、ご本人様が無事であったことは本当に安心しました。

3. 保険を使った空き巣の具体的な対処方法

今回は入居者様が保険会社に連絡をし、「緊急かけつけサポート」を利用してくれました。

このサービスは24時間365日トラブルが起きればすぐに駆け付けてくれるサービスです。
それによって破損された窓ガラスの養生をしてくれたようです。

夜中でもこのようなサポートで駆けつけてくれると本当に心強かったです。

次の日の朝、オーナーの私は管理会社から報告を受けてからすぐに加入中の保険の内容を確認しました。
家財総合保険(火災保険)では、3,000円の自己負担で、盗難による家財について生じた損傷(当物件については窓ガラスの破損のみ)、盗取(60万円が限度)についてはカバーすることができました。

こんなにも早く保険が役に立つとは・・・ありがたい存在です。

また私からは家賃1ヶ月分の見舞金と鍵の交換を負担させて頂きました。

通常であれば引越しされてもおかしくないのですが、ご丁寧にお礼のメールまで頂き、引き続きお住まいになってくれました。

 

4. 今後の対策として防犯カメラ設置

被害にあった入居者様、他の入居者様に安心していただき、何よりも今後このようなことが発生しないためにも防犯対策を講じることが不可欠です。

そこで防犯カメラを設置することを決めました。

まずは業者さんに連絡を取り、見積もりを出してもらうことにしました。

とても対応が早く、現地まで足を運んでくれて防犯カメラの設置案のレポートまで作成して頂き本当に助かりました。

しかし・・・2台のカメラ設置で20万円と予算オーバーだったので、こちらの業者さんはお見送りさせて頂きました(泣)

そこで楽天市場を覗くと、多種多様の防犯カメラがあり、工事まで請け負ってくれるということで決めました。予算も工事費含めて前業者さんの半分で済みました。

業者さんと工事に関してやり取りをしている間に、実はまた事件が起きてしまったのです。

 

(余談):謎の食パン事件

1階の玄関前に食パンが並べられていると同アパートの居住者の方から連絡がありました。
恐怖映像をどうぞ・・・

※管理会社から送付された写真

怖いというより気味が悪い・・・。こちらも管理会社の方が対応して下さり、犯人は食パンを並べられた部屋の居住者の方の友人の悪質ないたずらでした・・・。(大家としては本当に勘弁してほしい悪戯でした。。。。)

こんな事件も起こったということで、防犯を強化しようとなり、カメラの台数を増やすことにしました。また設置する位置を分散することによって、カメラを破壊される確率を下げました。

1台目は空き巣に入られた1階のベランダ側の通路
2台目はエントランス周辺
3台目は1階の玄関前全体

ベランダ側の通路はプライバシーの件もあり、管理会社の方には反対されダミーでいいのでは?と提案されましたが、部屋の様子は写らないようにお願いし、盗難がこれ以上起きないように録画対応することにしました。

居住者の方からのクレームも心配されましたが、今のところありません。

↑「防犯カメラ作動中」のシールも何ヵ所か貼ってもらい、セキュリティ対策してますよアピール。

 

不動産投資/マンションオーナー向けの空き巣対策まとめ!

アパートの所有を初めて数年経ちますが、私には関係ないと思っていた盗難が起こってしまいました。しかし、管理会社の方がすぐに丁寧に対応してくれたことと、加入している保険によって、盗難の損害は小さく済みました。

居住者さまの心の損害は小さく済ませることはできませんが、管理会社の方の迅速丁寧な対応、私共からもできることを(見舞金を出す。防犯カメラを設置する。)実施することで、少しでも安心していただけたのではないかと思います。

また今回は居住者様が警察→保険会社と連絡して頂いたので、スムーズに対応することが出来ました。

もし管理会社や保険会社に連絡しないで、入居者様が直接手配してしまうと不具合が発生したり、保険の対象にならなかったりとトラブルの元になる恐れもあるそうです。それを回避するためにも賃貸契約を交わす際に、このような事態が起きた時の対処法、保険の確認をしっかりすることが重要ですね。

 

Slider